肌にできるニキビ跡を綺麗に消す|正しくケアして美肌を保つ

婦人

ビタミンCで老化対策

頬に手を当てる婦人

ビタミンC誘導体はビタミンCの恩恵をしっかり受けることができるスキンケア成分です。老化遺伝子に働きかけて、しわ、たるみ、シミなどを可能な限り予防する働きがあります。ビタミンC誘導体を塗ると乾燥や紫外線に弱くなるので、保湿や紫外線対策を心がける必要があります。

View Detail

正しい肌のお手入れ

化粧水

敏感肌に悩む人が増えています。敏感肌になる原因は様々ですが、肌が乾燥していることが問題です。乾燥肌の人に人気の化粧品はセラミド配合の物です。高い保湿効果が期待できます。クレンジングや洗顔を見直し肌への負担を減らすことも同時に大切になってきます。

View Detail

刺激から守る

鏡を見るレディー

アトピーの人にも人気のある化粧品に共通しているのは保湿成分が優れているという点です。肌を保湿することで内側の水分を保持し、外部の刺激から肌を守ってくれます。美容液は敬遠されがちですが、化粧品と同様に肌に刺激の少ない保湿成分に優れたものを選べば症状の改善に役立ってくれます。

View Detail

症状別のケアの仕方

ウーマン

スキンケアで治す

ニキビ跡は、症状に応じてケアの仕方が違います。軽いものならスキンケアで消すことができます。赤みになったタイプは時間の経過とともに薄くなっていきます。早く消したい場合はピーリングローションを使うのがおすすめです。ピーリングをすることで角質が剥がれやすくなります。そうするとニキビ跡の赤みの治りが早くなります。ニキビ跡に紫外線があたると、メラニン色素が発生して茶色いシミのようになります。シミのようになったニキビ跡を消すには、美白効果があるスキンケアアイテムが効果的です。ビタミンC誘導体はシミを消す効果がある優れた成分です。チロシナーゼの発生を抑えるだけではなく、沈着してしまった色素を還元する働きもあります。

クレーターの対処法

スキンケアでは治せないタイプのニキビ跡にクレーターがあります。皮膚の表面がミカンの皮や月面のように凸凹になる現象のことです。ニキビ跡が繰り返しできて、皮膚の奥深くの組織がダメージを負ってしまうことでクレーターになります。スキンケアでは手に負えないので、美容皮膚科でレーザー治療や針治療、ヒアルロン酸治療などをして消すしかなくなります。クレーターは角質が固い人ほどなりやすい傾向があります。クレーターを予防するには、角質を柔らかくしておくことが大切です。角質はしっかり保湿をすることで柔らかくなります。また、ニキビが同じ個所に繰り返しできないように、肌を清潔に保つことやストレスを溜めないことも大切です。